美白に速効効果のある美容成分や美白効果のある食品を中心にまとめ、美肌作りに参考となる情報を発信しています。

・・・ 






葉っぱ ライン




葉っぱ ライン



葉っぱ ライン



葉っぱ ライン



サイト内を検索


【サイト最近の記事】
See a report.  

美白白書 

シミの情報源 

美白に効果的な食べ物 

紫外線の情報源 

美白に効果的な事 

美白に絶大な人気のコスメ 

クレンジング情報 

プラセンタ情報 

美肌ケア 

日々の記 

相互リンク
お気に入りリンクさま 

このブログをリンクに追加する

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 




葉っぱ ライン
   美白とは   



色素沈着が少ない、より白い肌を目指す美容上の価値観で、
主に顔の肌について用いられています。


人間の皮膚は、人種によってその色合いが異なりますが、
これは皮膚中に存在するメラニン色素に負うところが大きく、


肌の色には、皮膚下に存在する毛細血管中を流れる血液の色、
赤血球(ヘモグロビン)の色が影響するそうですね。



 

葉っぱ ライン

 美白という言葉   


1990年代後半に美容研究家・料理研究家である
鈴木その子氏が提唱して流行した観があるそうで、


実際にはそれ以前から、


シミ・ソバカス等のメラニンによる肌トラブルに対する
スキンケアを指す言葉として使われていたそうです。




葉っぱ ライン
 日本での美白指向   

日本では肌が白く、くすみやシミが無い状態を好む価値観は、
古くから存在していたそうで、


「色の白いは七難隠す」 ということわざもありましたね。
(色白の女性は、少しぐらい醜い点があっても、目立たない。)


「ウグイスのフン」色白になる洗顔料
として利用されていたとか。


1990年代初頭から次第に女子高生などに広がった
ガングロなど、


過度に日焼けするギャルファッションの
対抗文化的な側面が存在した時代もありましたね~






劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home
                  

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2012/08/17 06:10|美白とはTB:0CM:0

 



ポーラ公式通販




美白有効成分の働き
illust1926_thumb はっぱ



一般的な美白とは 
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ


メラニンの生成を抑える化粧品(美白化粧品)を用いる方法が一般的ですが、
その他、美白を目的とした美容法のなかには脱色剤など化学薬品を利用する
方法が存在します。


 1.gif
ポーラ公式通販



美白有効成分の働き 
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ


メラニンが肌に沈着すると人が持っている「色素細胞」で、
多くの美白有効成分は、メラニンの生成に重要なチロシナーゼと


呼ばれる酵素に、直接的あるいは間接的に働きかけ、
メラニン生成を抑える働きがあるとされます。 





厚生労働省に認められた美白有効成分とは 
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ

美白化粧品であることを、公にうたうためには
厚生労働省に認められた美白有効成分が配合され
ている必要があります。ですので、


厚生労働省が認めたものだけが
美白成分として名乗れるということなのです。



日本で認可され実用化されている美白有効成分
(厚生労働省認可の医薬部外品有効成分)
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ

約20種ある美白有効成分とは今の肌を白くするという成分のことではなく
メラニンの成長を抑える役割をする成分のことです。


主にアルブチン、コウジ酸 カモミラET ビタミンC誘導体 

ルシノール エナジーシグナルAMP トラネキサム酸 エラグ酸 
ビタミンCエチル ニコチン酸アミド など現在約20種あるそうです。







劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home
          





         

2012/08/17 17:20|美白有効成分の働き TB:0CM:0

 

 美白有効成分   
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ


各メーカーが医薬部外品に配合する成分のうち、
厚生労働省によりメラニンの生成を抑え、

シミやソバカスを防ぐあるいはこれに類似した
効能を表示することが認められた成分です。

安全性と有効性(効果)の観点から、配合する量が決められており、
配合量を変更するためには新たな薬事申請が必要となります。

新たな成分の基礎研究から薬事許可の取得までには
およそ10年程度の期間がかかると言われており、

そのハードルの高さから、現在およそ20種の成分
認可されているにすぎないといわれています。

  アルブチン
 
コケモモに含まれることが知られている成分で、メラニン生成に不可欠な酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、過剰なメラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐ効果がある。チロシナーゼの阻害にはいくつかのタイプがあるが、チロシンとチロシナーゼが結合するのを防ぐことで阻害作用を発揮するタイプである。 厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 安定型ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体のうちの一つで、ビタミンCとブドウ糖を結合した成分。持続型ビタミンC誘導体など他の名称がいくつかあるが、同じ成分である。水の中でも非常に安定で、皮ふに吸収されてからビタミンCを放出するようにデザインされている厚生労働省認可の医薬部外品有効成分であるが、現在では世界中の化粧品メーカーに活用されている。

 エナジーシグナルAMP
成分名はアデノシン-リン酸二ナトリウム OT。エネルギー代謝を高めてターンオーバーを促すことで、メラニンの蓄積をおさえ、シミ・ソバカスを防ぐ。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分

 エラグ酸
ポリフェノールの一種で、ラズベリー、ザクロなどのフルーツや、ゲンノショウコやユーカリなどに含まれる。メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがある。コウジ酸と同様に、チロシナーゼが働くのに必要な銅原子を奪うことで、チロシナーゼが働かなくなるタイプのチロシナーゼ阻害剤である厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 カモミラET
カモミラを原料とする成分。情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニンを生成する細胞メラノサイトの増殖や活性化を抑える働きがある。 厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。


シミのできるメカニズムにアプローチ 
 






 グラブリジン
生薬として知られる甘草の根から抽出した油溶性のエキスの主成分。メラニン生成に関わる酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を抑制する。

 コウジ酸
日本酒やしょう油の製造過程でできる麹のコウジ菌がつくり出す物質。メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがある。チロシナーゼが働くのに必要な銅原子を奪うことで、チロシナーゼが働かなくなるタイプのチロシナーゼ阻害剤である。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 トラネキサム酸
シミ部位の慢性微弱炎症状態に作用しメラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する働きがある。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。トラネキサム酸は抗肌あれとしての効果も有するため、資生堂ではメラノサイトの活性化を抑制する成分としては、「m」をつけて、m-トラネキサム酸という名称を使っている。

 ニコチン酸アミド水溶性のビタミン、ナイアシンの一種で、ナイアシンアミドとも呼ばれる。メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを抑制することで、メラニンの過剰な表面化を防ぐ。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分

 ハイドロキノン
医薬部外品としてのヒドロキノン(皮膚薬の場合はハイドロキノンと呼ばれることのほうが多い)は、その強力な漂白作用を利用したもので、美白剤として皮膚科などで処方されるほか、薬局などでヒドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されている。市販のヒドロキノン剤は通常2%~4%程度の濃度のものが多い。アメリカ食品医薬品局(FDA)では2%以上の濃度はドクターの管理下により処方されている。
ビタミンAの一種であるトレチノインと併用することで、皮膚の漂白効果がより高まるとされ、クリーム製剤が市販されている。



 ビタミンC
メラニン生成の過程は酸化反応が多いため、ビタミンCによる還元作用によってメラニン生成を遅延させる作用(メラニン生成過程での還元作用)がある。また、メラニンそのものに対しても還元効果によって黒い色を淡色化する作用がある。実際には、ビタミンCそのものは、水に溶けた状態では非常に不安定であり、また皮ふへの吸収も悪いため、化粧品への使用に適した様々な種類の誘導体がつくられ、実用化されている。

 ビタミンCエチル
ビタミンC誘導体の一つ。従来のビタミンC誘導体は皮ふの中で代謝されることでビタミンCを遊離して初めて効果を発揮するタイプであるが、ビタミンCエチルは皮内での代謝を受けなくても効果を発揮することができるのが特長である。そのため、作用自体は従来のビタミンCと同様であるが、皮内に入ってすぐに効果を発揮できる。また、UVAによる皮ふ黒化には、メラニン前駆体(プレメラニン)のDHICA(5,6-dihydroxyindole-2-carboxylic acid)の急激な重合が関与していることが知られているが、この反応を防ぐ作用も確認されている。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 ビタミンC誘導体
ビタミンCをもとに改変した化合物の総称で、実用化されているものはビタミンCの欠点である、安定性、あるいは皮ふへの吸収性を改善した成分である。多くのビタミンC誘導体は、安定性が高まった反面、ビタミンCの作用がなくなっており、皮ふの中の酵素で代謝(分解)され、ビタミンCがはずれて出てくる。したがって、作用はビタミンCと同様に、メラニン生成過程での還元作用やメラニンの淡色化作用である。いくつかのビタミンC誘導体が厚生労働省認可の医薬部外品有効成分として認可されている。





 白蓮果® HA【びゃくれんか】
ハス種子の渋皮を除いたもの(白蓮)から抽出したエキスを植物由来の乳酸菌で発酵させた成分。肌の健やかな働きを助けることで根づいたメラニンの排出を促し、なめらかでぬけるように澄んだ肌へ導く。

 プラセンタエキス     
動物の胎盤から抽出された成分。古くからメラニン生成を抑制する作用があるといわれ、医薬部外品有効成分としても活用されてきた。その作用については、メラニン生成抑制作用以外に、角質融解作用、組織の代謝促進作用などがあるといわれているが、不明な点も多い。

 マグノリグナン
モクレン科ホオノキの樹皮に多く含まれているポリフェノールの一種「フェノール性二量体」に着目して開発された成分。酵素チロシナーゼの成熟を阻害する働きがある。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 4SK【よんえむえすけい】
サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出する効果を持つ。 厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 リノール酸S
サフラワー(紅花)油などから抽出されるリノール酸の美白効果を高めた成分。メラニン生成に不可欠な酵素チロシナーゼを分解することで、メラニンの生成を抑制する。また、肌の生まれ変わりをサポートし、メラニンの排出を促す働きを持つ。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

 ルシノール
シベリアのモミの木に含まれる成分。メラニン生成のプロセスである酵素チロシナーゼとチロシンの合体を防ぎ、メラニンを作らせないように働く。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。 


参考: Wikipedia 百科事典 シミ予防辞典

 






劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home









▽続きを読む▽
2012/08/18 07:00|美白有効成分TB:0CM:0

【カテゴリ】 

葉っぱ ライン


プラセンタ
美白に効果的 

最新コメント
ありがとうございます 

メールお待ちしています 

名前:
メール:
件名:
本文:


【RSSリンクの表示】 






illust1137_thumb 猫目ぴかぴか

葉っぱ ライン

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。