美白に速効効果のある美容成分や美白効果のある食品を中心にまとめ、美肌作りに参考となる情報を発信しています。

・・・ 




葉っぱ ライン






【薬用ちゅらトゥースホワイトニング】


サイト内を検索


【サイト最近の記事】
See a report.  

美白白書 

シミの情報源 

美白に効果的な食べ物 

紫外線の情報源 

美白に効果的な事 

美白に絶大な人気のコスメ 

クレンジング情報 

プラセンタ情報 

美肌ケア 

日々の記 

相互リンク
お気に入りリンクさま 

このブログをリンクに追加する

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 


    シミに関する用語の中で代表的なもの


 炎症後色素沈着
日やけやニキビや傷、やけどの痕などが、茶色く色素沈着を起こしたシミ。皮ふの炎症が原因となってメラノサイトを刺激し、メラニンが生成される。ターンオーバーにより次第に消えることが多いが、さらに紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないとそのまま色素沈着となって消えにくくなることもある。

 肝斑【かんぱん】
30代から40代、妊娠中の女性に多く見られるシミで、眼の周囲を避けて頬骨や口のまわり、鼻の下に、左右対称にできるのが特徴である。女性ホルモンの変化やストレスによって発生し、紫外線を浴びることでもさらに濃くなり、シミの範囲が広がることもある

 紫外線
太陽の光は、波長によって分類されており、目に見える光(可視光線)よりも波長が長い光には赤外線があり、その逆に波長が短い光の一つが紫外線である。紫外線はさらに波長の長い方から、UVA、UVB、UVCの3つに分けられるが、大気のオゾン層により波長の短い紫外線は吸収されてしまい、地表に届く紫外線はUVBの一部とUVAである。

 シミ
皮ふの中にメラニンが蓄積され色素沈着した状態を指す。皮ふの色素沈着には様々な種類があるが、皮膚科医が、肝斑、老人性色素斑、そばかすなどと判別して呼んでいるものも、一般の人はすべて「シミ」と認識していて、概観上色素沈着している部分を「シミ」と呼ぶことが多い。基底層にあるメラノサイトが、紫外線やホルモンの影響など様々な刺激を受けると、皮ふを守ろうとする防御機能が活性化しメラニンが生成される。通常、メラニンはターンオーバーにより肌表面に押し出され、垢となって排出されるが、メラニンが過剰生成されたりターンオーバーが正常に行われないことで排出されずに皮ふ内部に蓄積しシミとなる。


アイビー ライン




 メラニン色素
肌や毛髪、瞳の色を作る色素で、単にメラニンとも呼ばれる。黒あるいは褐色のユウメラニンと、赤毛などに含まれる黄色ないし赤色のフェオメラニンに分けられるが、一般的にはメラニンというと黒~褐色のユウメラニンを指す。皮ふ内のメラニンの量が多いと、肌は黒く見える。メラニンは紫外線を吸収して細胞を守る働きがあり、日やけによって皮ふが黒くなるのは、紫外線を浴びた皮ふがメラニンによって一時的に細胞を守る反応といえる。しかし、シミなどの部位では必要以上にメラニンが増加していることから、美容の観点からも、正常な皮ふ色程度に戻してあげることが必要である。

 メラノサイト
表皮と真皮の境界にあたる基底細胞の間にあるメラニンを生成する細胞。色素細胞あるいは色素生成細胞とも呼ばれる。皮ふの中ではデンドライト(樹状突起)と呼ばれる細長い枝状の突起を伸ばして、周囲にある角化細胞にメラニンを受け渡している。日やけして黒くなった皮ふやシミのある部分の皮ふにいるメラノサイトでは、メラニンの生成が活発になっている。


シミのできるメカニズムにアプローチ 
 



 ソバカス
鼻を中心にほおにかけて見られる細かい褐色の色素斑で手の甲、胸、肩などの露出部にもできる。老人性色素斑と同様メラニン色素によるものであるが、その発生には遺伝的な要素が強い。紫外線を浴びると悪化することが多い。

 チロシナーゼ
アミノ酸であるチロシンをドーパと呼ばれる化合物に変化させ、さらに、ドーパをドーパキノンに変化させるという2段階の反応をおこなう酵素。メラニンの生成には必須。紫外線を浴びることで活性化し、メラニンをつくり出す。シミなどの皮ふが色素沈着した部位でも活性化していることが多い。

 ドーパ
チロシンに酵素チロシナーゼが作用することで生成する物質。

参考:資生堂シミ予防辞典  










劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home


スポンサーサイト
2012/08/18 08:07|シミに関する用語TB:0CM:0

 

浸透の実感!
今までに体験したことが
ない効果の早さ。
バイオ基礎化粧品b.glen


 
 



 

シミを防ぐには 新陳代謝が
活発で健康な肌に変える
ことが大事!!



シミの原因の80%は紫外線 !?

シミ紫外線と重要な関係があることは、
ほとんどの方はご存じかと思いますが、


シミとは、紫外線によって過剰な
メラニン色素が生成され蓄積し、
色素沈着したもの。



      4.gif

   

シミができる原因はいろいろあります。

(紫外線の他、加齢・ ストレス・
生活習慣・間違ったお手入れなど。)

特に影響が大きいのは、
「紫外線」と言われています。


シミのできるメカニズムにアプローチ 
 




シミのできるメカニズム

肌は紫外線を受けると
メラニン色素を生み出し
肌の組織を守ろうとします。


新しく生まれる肌は紫外線
浴びて肌の奥のメラノサイトが


刺激を受け活発化すると、
活性酸素が作られ シミのもと


となる酵素チロシナーゼ
増加します。


そら



チロシナーゼという酵素の
働きが活発になり、


メラニン色素が大量につくられ、
肌の奥のメラノサイトから


生み出されたメラニン色素は、
細胞内に蓄積されます。

 




   
その後、肌の代謝サイクルに
よって肌表面に移動し、


元気な肌なら色素は自然に
排出されるのですが、


新陳代謝が衰えてサイクルが
乱れた肌は、体外へ排出されないまま


残る事により、このメラニン色素が
日焼けやシミの原因なのです。  


さらに紫外線を浴びる事で
ますます濃くなり、数もどんどん
増えていきます。



今あるシミも、未来のシミも。
アンプルールのW美白







劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home


2012/08/19 10:00|シミを防ぐ・紫外線との関係TB:0CM:0

 

美白コスメは、大きく分けて
漂白型予防型があるのを
ご存じですか 


 



 漂白型

既に出来てしまったシミに効果的



       漂白型で代表的な成分 

      ハイドロキノン コウジ酸、
アルブチン、ビタミンCなど。

      圧倒的に効果があるのは

現在では

ハイドロキノンと言われています。



葉っぱ ライン


ハイドロキノン配合(ドクターズコスメ)をご紹介します。 


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白



 予防型

紫外線などによってしみが
出来ないように予防する



 シミ予防に効果がある代表的な成分  
  
  アルブチン、エラグ酸、ビタミンC誘導体、
  トラネキサム酸、コウジ酸、
  ルシノール、プラセンタエキスなど。   


葉っぱ ライン


予防型コスメをご紹介します。 


   ルシノール配合コスメ  シミのもとメラニンを狙い撃ち【ホワイトショット】


プラセンタエキス配合コスメ   プラセンタのフローレス化粧品[1,575円]


葉っぱ ライン

   美白ケアを行うためには

漂白型-予防型の
両方の美白成分が入った


コスメを選ぶことが
効果的な方法ですね
 



1.gif


漂白型-予防型の両方成分が入った
 ドクターズ コスメは・・・こちら↓








劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home






2012/09/10 15:59|シミ予防型と漂白型TB:0CM:0

 


052.jpg
【カマシア】ユリ科(ヒアシンス科) 球根性  



美白とは、肌を白く塗ったりすることではなく、
「シミ・ソバカスのない、肌本来の透明感を引き出す」こと。
と一般的に認識されています。



シミ予防とは “メラニン色素が出来るのを抑える”こと。
シミを予防するということは、あくまでも予防だけに過ぎません。 
その予防成分ですが、それなりの作用(予防効果)があるんです。



シミ予防成分はタイプ別に分けると、次の3つが上げられます。
(特に代表的なもの)
illust4447_thumb 短いツル葉っぱ


 ビタミンC(活性酸素を取り除く)
ビタミンCは、実は大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱く効果は
あまりありませんでした。しかし、「リン酸Lアスコルビル」など


ビタミンCの分子に少し手を加えて改善した「ビタミンC誘導体」は、
壊れにくく、有効成分が浸透できるうになりました。
最近では高濃度のまま安定化された「高濃度安定型ビタミンC」も普及してきています。


紫外線とともに、老化の大きな原因となるのが「活性酸素」
活性酸素は私たちの呼吸によって取り込まれた酸素の一部が体内で変化して
発生する有害な物質です。



illust4444_thumb 一本ツタ



 では、できてしまった活性酸素はどうしたらよいかという問題ですが、

私たちの体には元々活性酸素を抑える「抗酸化物質」という成分が備わっています。
しかし、それも年齢とともに少なくなってくるので、そこで、
その役割をしてくれる抗酸化物質を取り入れることが重要となってきす。 


 次に、肌の酸化を防ぐ抗酸化成分にはどのようなものがあるかという問題ですが、
抗酸化物質で有名なのは
アスコルビン酸(ビタミンC) D-α-トコフェロール(ビタミンE)です。

≪さらに詳しく≫は こちらへ 抗酸化物質




 シムホワイト377 と ルシノール
(どちらも酵素チロシナーゼを阻害する)


紫外線を浴びて肌の奥のメラノサイトが刺激を受け活発化すると
活性酸素が作られシミのもととなる「酵素チロシナーゼ」が増加します。


メラニンの生成に直接係わっている酵素がチロシナーゼ。
この酵素の働きを阻害すれば、メラニンの生成を減らすことが可能となるのです。


| シムホワイト377 はどういう成分?  

日焼けによるシミやそばかすをできにくくする予防系の
ブライトニング成分の中で有名な

・コウジ酸の20倍以上
・α-アルブチン
・β-アルブチンの
7300倍以上効果も証明されています。


α-アルブチン・・・肌への親和性に優れすぐれた美白効果を発揮。        

β-アルブチン・・・ 美白効果はあるが 親和性が悪いためその効果が
          十分でないということがあります。
            

美白成分 シムホワイト377配合




| ルシノールはどういう成分?

POLAが、10年の歳月と開発・研究費をかけて実用化した美白成分。
シミやソバカスの元となるチロシナーゼの活性化を抑制。
高浸透力高美白力に優れている。

 

美白成分「ルシノール(R)」や「ビタミンC誘導体」配合 


POLA公式通販



  リノレックS
(酵素チロシナーゼを分解する)



|  リノレックS はどういう成分?

サンスターが18年研究して開発した『リノレックS』と『 ビタミンC誘導体』の
ダブル美白成分を配合。

チロシナーゼ自体を分解してしまうので高いシミ予防効果が
期待されます。

 ただし、現在これに該当する成分は少なく、
厚生労働省認可の成分としてはリノレックSだけ。


その他の予防系の成分 
アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、
ビタミンC、プラセンタエキス、トラネキサム酸、甘草エキスなど。






劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! Home 



2013/09/25 17:22|美白とシミ予防成分の作用(シムホワイト377・ビタミンC・ルシノール)TB:0CM:0

【カテゴリ】 

葉っぱ ライン


プラセンタ
美白に効果的 

最新コメント
ありがとうございます 

メールお待ちしています 

名前:
メール:
件名:
本文:


【RSSリンクの表示】 






illust1137_thumb 猫目ぴかぴか

葉っぱ ライン

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 劇的!美白って簡単!コスメを変えるだけ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。